読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デロリアン作成日誌

デアゴスティーニより刊行中の「週刊バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン」の作成記録を淡々とあげていくブログです。

第十一回 エンジンサポートを作る

f:id:john_DMC12:20170419210933j:image

昨日のフレーム作成から、グンと規模が大きくなっているように感じてきた第十一回、始めていきましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170419212101j:image

第十一号のパーツはエンジンを支えるためのエンジンサポートです。

 

昨日のパーツのデカさから一転、いつものパーツ量にちょっと安心しますわ。

 

f:id:john_DMC12:20170419212833j:image

まずはエンジンサポートのベースに、

 

f:id:john_DMC12:20170419213041j:image

固定金具を取り付け、

 

f:id:john_DMC12:20170419213228j:image

その金具にロッドを装着します。

 

f:id:john_DMC12:20170419213356j:image

次にエンジンサポートの右部分を付け、

 

f:id:john_DMC12:20170419213646j:image

左部分を付け、

 

f:id:john_DMC12:20170419213717j:image

それぞれにパネルを取り付け、今回届いたパーツの組み立ては完成。

これを昨日作成したフレームに取り付けていきます。

 

しかしここで問題発生。

 

ネジが足りないんですけど…

 

装着にあと4本のネジが必要なのですが、この時点での交換1本。

本来は予備に3本入っているはずなので、計6本のネジが行方不明に。

 

ケースに入ってたネジ入りの袋がちょっと空いていたので、ケースに入れる際にどっかにいってしまったのでしょう。

 

とりあえず今までの予備ネジがいくつかあったので、今回分の完成はなんとかなりました。

 

f:id:john_DMC12:20170419215546j:image

てな訳でフレームに取り付けて今号は終了。

 

f:id:john_DMC12:20170419215820j:image

フレーム全体はこんな感じになりました。

 

デカいフレームに取り付けるとなると、フレームを抱える形になってきますね。

 

f:id:john_DMC12:20170419220113j:image

今回までの完成分。

 

フレームを斜めに配置してみました。

 

もう撮影フィールドいっぱいいっぱいになってきちゃってますね。

まだ1/13を過ぎたばかりなのに、この調子でいくとアッという間に埋め尽くされそうです。

同時に組み合わさっていけばなんとかなりそう?

 

ではまた次回。

 

 

第十回 フレームにサスペンション、前輪等を取り付ける

f:id:john_DMC12:20170418214703j:image

ついにやってまいりました。第十回です。

 

今回は第十回記念に相応しく、かなり重要なパーツがやってきました。

 

パーツ紹介の前に、

今回の表紙写真ですが、いつもの箱の写真ではなく、冊子の写真となっています。

 

というのも、

 

f:id:john_DMC12:20170418220418j:image

こちらが送られてきた状態になります。

 

でか!!

 

入っているのはあくまで第十号のパーツのみです。

はたして、入っているパーツは…

 

開けると入っていたのは冊子と、

 

f:id:john_DMC12:20170418220843j:image

また箱!

 

本来、書店で購入した場合は、冊子のみが陳列されていて、レジにてこれを受け取るようです。

 

そしてこれを開けると、

 

f:id:john_DMC12:20170418221310j:image

さらに箱!!

 

しかしようやく今回のパーツがお目見えです。

 

という訳で、今回のパーツはデロリアンのフレームです。

 

さすが第十号。車にとって肝心要のパーツが付いてきましたよ。

 

付いているパーツはこれのみですが、いよいよ過去に作ったパーツと一気に組み合わさりますねぇ。

 

f:id:john_DMC12:20170418221917j:image

付いてきたパーツはフレームのみですが、それとは別に新しいドライバーが付いてきました。

 

f:id:john_DMC12:20170418222026j:image

第一号に付いてきたものと比べてみると、先端の太さが違います。

今後この二本のドライバーを使い分けていきましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170418222630j:image

新ドライバーの紹介ついでに、自分で買った道具も紹介しちゃいます。

 

第七回でネジが最後まで締め切らない問題が発生してましたが、公式コミュにてタップを使うといいという情報を手に入れましたので、購入しました。

これでネジ穴を広げてバッチリ留め切れるようになりますね。

 

f:id:john_DMC12:20170418223703j:image

てな訳で、こちらが今回のメイン、フレームです。

 

これからここに過去のパーツを取り付けていきますよ。

 

f:id:john_DMC12:20170418223922j:image

まずは第五号で作った左フロントサスペンションとブレーキを取り付け、

 

f:id:john_DMC12:20170418224704j:image

同様に第六号で作った右フロントサスペンション及びブレーキを取り付けます。

 

f:id:john_DMC12:20170418224813j:image

続いて、第七号に付いていたフロントプレートを取り付け、

 

f:id:john_DMC12:20170418225328j:image

同じく第七号で組み立てたステアリングロッドを装着。

 

f:id:john_DMC12:20170418225702j:image

f:id:john_DMC12:20170418225714j:image

左右のタイヘッドとステアリングロッドを繋げ、

 

f:id:john_DMC12:20170418230339j:image

第八号で組み立てた下部プレートを取り付けます。

 

f:id:john_DMC12:20170418230512j:image

第八号で保管していたアンチロールバーを取り付けたら、

 

f:id:john_DMC12:20170418230604j:image

第三号の左タイヤと、

 

f:id:john_DMC12:20170418230637j:image

第九号の右タイヤを取り付け、

 

f:id:john_DMC12:20170418230752j:image

今回の作成は終了。

 

いやぁ、今回でついに過去に作ってきたパーツ達が繋がっていきましたねぇ。

フレームを中心に一気に組み上がった感じがします。

今後もこのフレームからどんどん組み合わさっていくのがとても楽しみです。

 

f:id:john_DMC12:20170418231448j:image

今回までの完成分。

 

巨大なフレームの到着によって、いきなり写真構成が難しくなりました。

仕方なくリアバンパーを縦置きにせざるを得なくなりました。

 

んー、もうちょっとうまい配置が出来たかな?

明日の更新で検討してみたいと思います。

 

それではまた明日。

 

 

 

 

番外 パンフレットを買った

f:id:john_DMC12:20170413191530j:image

BTTF関連の買い物があったので報告。

 

日本公開時のパンフレットを購入しました。

 

と言っても、今回購入したのは2と3で1はすでに持っていたのですが。

 

f:id:john_DMC12:20170413192144j:image

f:id:john_DMC12:20170413192152j:image

f:id:john_DMC12:20170413192200j:image

 

この先冊子をバインダーに入れていくと、最後のバインダーに10冊空きができるはずなので、一緒に綴じたいと思います。

 

バインダーといえば、そろそろ残り5冊を買わないとなぁ…

 

おまけ

 

f:id:john_DMC12:20170413193240j:image

マーティよ。トヨタ車乗ってるくせにホンダの宣伝するのか…

 

 

第九回 タイヤ(2本目)を作る

f:id:john_DMC12:20170405204053j:image

二桁目前の第九回始めていきましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170405204204j:image

今回のパーツは前輪のタイヤです。

 

…来てしまいましたね…2本目のタイヤが。

第三号とまったく同じパーツです。包装は簡素化されてますけど。

 

そういう訳で、第三回と同じ工程を進めていきましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170405204711j:image

まずタイヤとホイールを、

 

f:id:john_DMC12:20170405204830j:image

組み合わせ、そこにホイールの外面を、

 

f:id:john_DMC12:20170405204948j:image

組み合わせ、そこにワッシャーとハブキャップを、

 

f:id:john_DMC12:20170405205040j:image

組み合わせて完成。

 

かなりスピード感たっぷりにお送りしました。

 

f:id:john_DMC12:20170405205325j:image

で、第三号で作ったものと並べてみました。

 

さて、どちらが今回作った方でしょう?

別に正解は発表はしませんし、正解しても賞品も出ませんけどね。

 

前輪タイヤに区別はなさそうなので、どっちを右にしても左にしてもよさそうです。

 

f:id:john_DMC12:20170405205855j:image

今回までの完成分。

 

タイヤが増えると見栄えも上がる感じがします。

 

いよいよ次回は二桁突入第十回ですね。

 しかしまだまだありますなぁ…なんかずっと言ってる気がしますが。

いつ頃になったら言わなくなるかな…

 

ではまた。

 

 

第八回 下部プレートを作る

f:id:john_DMC12:20170404212214j:image

 毎回偶数回は「二週間ぶり」みたいな始め方になっているので、そろそろ新しい始め方を模索したい第八回です。

 

今回の表紙も第一号とほとんどおんなじ構図になってますね。

この調子で百三十号まで保つのでしょうか?

 

f:id:john_DMC12:20170404213550j:image

第八号のパーツはアンチロールバーと下部プレートです。

 

f:id:john_DMC12:20170404213810j:image

まずこちらがアンチロールバーです。

 

これには何もせず終了。

前回のフロントプレートのような後々使うパーツ同梱が増えてきましたね。

 

f:id:john_DMC12:20170404214624j:image

そして下部プレートです。

 

前回のフロントプレートと同じような形ですが、後に組み合わさるのか、それとも前後で対になるのか。

後でマップで確認しましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170404215020j:image

そしてそれにアンチロールバーのベースを左につけ、

 

f:id:john_DMC12:20170404215150j:image

右にもつけ、今回は終了。

 

…ほぼ同じ写真が三枚も続いてしまいました。

なんだか顔に見えてきたな…

 

f:id:john_DMC12:20170404215426j:image

今回までの完成分。

 

プレートが二つでてくると少し引き気味で撮らないと収まりきらなくなりましたね。

どうやって写真に収めるか考えるのも、パーツが増える楽しみの一つですね。

 

ではまた明日の第九回で。

 

第七回 ステアリングロッドを作る

f:id:john_DMC12:20170322223504j:image

第七回、始めていきます。

 

f:id:john_DMC12:20170322223539j:image

今号のパーツはデロリアンのステアリング機構のパーツ、フロントプレートです。

 

今回はいまだかつてない薄い号でしたね。

厚みのあるパーツがないからですね。

 

f:id:john_DMC12:20170322223826j:image

まずこちらがフロントプレート。

 

今回はこれに対して手を加えることはありません。

後々の号で組み合わさっていくのでしょう。

他のパーツがあんまりないから、付属してたのかな?

 

f:id:john_DMC12:20170322224236j:image

そして今回のメイン、ステアリングロッドとコントロールアーム、サポートアームです。

 

f:id:john_DMC12:20170322224343j:image

これらを組み合わせ、今回のネジ留め完了。

 

なんせ細い棒にネジ留めしようとするものだから、うまく左手で固定できず、二度ほどドライバーで手を刺しました。

 

以降はダンボールの上に押さえこんでネジ留めをしましたが、何度かダンボールにも穴を開ける羽目に。

もう少し留めやすい仕様にできないもんなんですかね?

 

f:id:john_DMC12:20170322224922j:image

んでなんとか留めたんですが、最後まで締めきらないのはいいんでしょうか?

どうやっても1ミリほど残って回らなくなっちゃうんですけど。

 

とりあえずこれで様子を見て、違うというなら何か方法を考えましょう。

 

f:id:john_DMC12:20170322225643j:image

最後にステアリングラックブーツをはめて終了。

 

工程は少なかったのですが、妙に手こずりましたね。

一号のドライバーだけでは、作成効率に限界があるのかな。ホームセンターとかで使えそうな道具でも探してみようかなぁ…

 

f:id:john_DMC12:20170322230311j:image

第七号まで。

 

パーツは増えてきましたが、まだそれぞれが独立している状態ですね。そろそろ、過去パーツと組み合わさる工程もやっていきたいです。

 

また例によって、公式コミュにも写真をあげたいと思います。

ちょっとネジについて意見を聞いてみようかな…

 

それではまた。

第六回 右フロントサスペンション、ブレーキを作る

f:id:john_DMC12:20170321211422j:image

二週間ぶりです。第六回です。

 

昨日は祝日でしたが、家を出てたので結局火曜更新となりました。

 

f:id:john_DMC12:20170321211732j:image

本号のパーツは右フロントのサスペンション及びブレーキとなっています。

 

 

 

…………ん?

 

f:id:john_DMC12:20170321213103j:image

さて、まずはサスペンションにロアリンク、ショックアブソーバーを取り付けます。

 

……写真は使いまわしていません。

よく見るとロアリンクが左右対称になってます。

 

タイヤの回にも言いましたが、車を作る以上同じようなパーツが出てくるのは仕方ないですよ。左右対称なんだから、左を作れば後々右も作ることになります。

 

しかし連続って!

 

皆さま、しばらく二週間前とほとんど変わらない制作過程をご覧ください。

 

f:id:john_DMC12:20170321214255j:image

というわけで続き、ショックアブソーバーにコイルスプリングを通し固定します。

(前回とは逆アングルから撮ってみました)

 

f:id:john_DMC12:20170321214538j:image

そして上部にコントロールアームを付け、

(前回省いた過程も撮ってみました)

 

f:id:john_DMC12:20170321214850j:image

タイヘッドを付けます。

(よくわからないアングルから撮ってみました)

 

これにてサスペンション周りは一旦完成。

 

f:id:john_DMC12:20170321215041j:image

今度はそれに付けるブレーキディスクを作成します。

 

前回は省きましたが、この様な細かいパーツもついてました。(ミスターフュージョン作成の時ほど細かくもないですけど)

 

これよく見るとバネが二つ絡まってるんですよ。付属パーツリストには予備が入ってるとは書いてないんですが…

 

…どこかにバネの入ってない六号が生まれてなければ良いのですが…

 

f:id:john_DMC12:20170321215722j:image

ブレーキキャリパー装着。

(少し回転して撮ってみました。アレンジの付け方が思いつきません)

 

f:id:john_DMC12:20170321215929j:image

んで最後にそれを先ほどのサスペンション部分と合体で今回分は完成。

(なんかさっき見たようなアングルで撮ってみました)

 

前回は固定にだいぶ苦労しましたが、二度目ともなれば余裕です。というかこのシリーズのネジの付け方のコツがようやく見えてきた気がします。

 

f:id:john_DMC12:20170321220827j:image

今回はマグネット外れなかった!

 

そしてしっかり留められれば、やはりガタは生まれませんね。

ちょっと前回作ったものも、予備のネジを使って留め直してみました。

 

f:id:john_DMC12:20170321215717j:image

そんなわけで修繕した前回分と今回分を並べてみました。

 

こう並べるとどっちが右用か左用かわからなくなりそうですが、ちゃんとそれぞれにLとRが刻印されているので安心です。

 

f:id:john_DMC12:20170321221748j:image

第六号までの完成分です。

並べ方を工夫すれば、まだ余裕が生まれますね。

 

今回は前回の作成日誌をほとんどまんま辿る形となりました。

しかし左右作り終わってしまえば、もう会うことはないでしょう。

(…え?リアサス?サスガニチョットカタチガチガウンジャナイカナ?)

 

…まぁ七号はまたちょっと違うパーツっぽいので、それはまた明日をお楽しみに。